シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

80『あゝ、荒野 前編』地を這うボクシング映画

心の荒野を圧倒的熱量で描く。

『あゝ、荒野 前編』



~あらすじ~
2021年。少年院に入っていたことのある沢村新次(菅田将暉)は、昔の仲間でボクサーの山本裕二(山田裕貴)を恨んでいた。一方、吃音(きつおん)と赤面症に悩む二木建二(ヤン・イクチュン)は、あるとき新次と共に片目こと堀口(ユースケ・サンタマリア)からボクシングジムに誘われる。彼らは、それぞれの思いを胸にトレーニングに励み……。
(シネマトゥデイ引用)









☆☆☆☆☆☆☆☆(80/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
歌人、劇作家、作詞家、映画監督とマルチな顔を持ち、『田園に死す』などで知られる寺山修司さんが1966年に刊行した生涯唯一の長編小説『あゝ、荒野』。
2011年に蜷川幸雄さんの演出、松本潤と小出恵介出演より舞台化はされていますが、映像化は今作が初めてになります。

U-NEXT製作の二部作、監督を務めるのは『二重生活』で鮮烈な映画監督デビューとなった岸善幸。
テレビ業界出身であり、同じくそこから世界に羽ばたいた是枝監督の同期です。
『二重生活』を観て、スクリーンから伝わる独特の熱量と湿度に、今後注目すべき監督の一人であると確信しています。
W主演は、映画にテレビにCMにと大忙し名実共に若手NO1俳優の菅田将暉と、傑作韓国映画『息もできない』のヤン・イクチェン。
間違いのない二人に加え、大抜擢に身体を張って応えた木下あかりや、山田裕貴、ユースケサンタマリア、モロ師岡、木村多江などが共演。
味のある役者陣と、人を活かす岸監督の演出により、熱のこもった素晴らしいノワール映画になっております。



時代は、小説が刊行された1966年ではなく、2021年という近未来。
つまりは、オリンピックという一大行事が終わり、東日本大震災で親を亡くした世代が大人になる...
今の我々にとって最も疲れ果てた社会が容易に想像できる、そんな大正解な時代のアップデート。

そんな時代において、菅田将暉演じる「新次」とヤン・イクチェン演じる「建二」も疲れ苦しんでいます。

ある事件で刑務所に入るまでは詐欺や暴力が唯一の生きる術であった、野生的な「新二」。
重度の吃音&対人恐怖症を持ち、父親の暴力や偏見の目から耐える事が唯一の生きる術であった、奥手な「建二」。
そんなふたりの唯一の生きる術、それすらも奪われかけた絶望的な状況で、それぞれと、そしてボクシングと出会います。


ブロマンス要素を含み、プロテストや因縁の相手と対峙していくボクシング映画、そんな王道なシナリオの中で、一人一人の地を這って生きる様の描き方がこれでもかと丁寧に描かれます。
バックグラウンドの説明には余白を残しながら、瞬間瞬間を丁寧に描く事で、一人一人のどうしようもなさ、社会の中の疲れ、そしてもがく様子が、ビシバシと伝わってきます。

対象は新二と建二だけではありません。
トレーナーの通称片目や、新二の彼女、建二の父、自殺防止サークルのメンバー、会長の秘書までもが、空白と映される瞬間の濃度により、あらゆる人の熱量が伝わってきます。
最低なやつにも最低なやつなりの苦悩が、どうしても目につき、物語全体の中で考慮せざるえない...

この辺り、過去作とも共通した岸監督の手腕で、確かな監督だな~と感じました。

また、一人一人に寄り添った視点で、それらが切り替えながら描かれる為、人物の心情変化が雑になったり、置いて行かれたり、はたまた一人一人の魅力が分散したりしがちなのですが、
今作はシーン毎の濃度が非常に濃く、彼らは地つなぎに苦悩している為、どうでも良くなる事は決してなく、全員に対して前のめりで見てしまいました。


一方で、人物描写に長けたノワール映画だからと言って決して一辺倒な作品ではありません。
名作和製ノワールが共通して持つ適度な多幸感が。
「新二」と「建二」の一方通行気味なのに互いの虚無感を埋めるコミュニケーションから感じる多幸感が最高です!


ボクサーとしてはひとまずハッピーエンドとなったラスト。
しかしどう見ても全然解放されていない...それどころか歪みのピークでしょ....
という締め方も大好物。

エピソード的には浮いていた自殺防止サークルの下りは消化不良気味。
しかし、それすらも後編どのように絡んでくるか楽しみです!!

今から後編が待ち遠しい....

最高級な邦画ノワール、是非劇場で見てください!
オススメです!!!



ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/10/18(水) 00:01:31|
  2. 2017年公開映画
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:2

65『亜人』取捨選択が抜群

人気漫画の実写映画化は、アクション一点突破痛快作!

『亜人』



~あらすじ~
2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復し生還。不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。圭は追われる身となり、亜人研究施設に監禁されるが、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤に助けられる。しかし、佐藤は国家転覆計画に加担しない圭を敵視。圭は佐藤の暴走を止めるために立ち上がる。
(シネマトゥデイ)







☆☆☆☆☆☆(65/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『踊る大捜査線』シリーズや『幕が上がる』の本広克行監督の最新作。
元々はテレビドラマ畑出身ですが、踊るシリーズでのドラマ、映画の大ヒットをきっかけに映画監督としての色が濃くなっております。
2012年までのROBOT所属時代はドラマの延長線上で、気の抜けた作品が多かった印象の同監督ですが、2013年にProduction I.G所属となってからは、完璧なアイドル映画の『幕が上がる』や今作『亜人』と、映像作家として段違いにステージが上がった印象です!

そんな本広監督が選んだのが、good!アフタヌーン(講談社)で大人気掲載中の「絶対に死なない新生人類」を描くアクション漫画『亜人』。
正直タイトルのセンスは全く好きじゃないんですが、内容はというと運命からの脱却物×ノワール×心理戦を含めたアクションという感じで、かなり面白い。
以前連載中の漫画、そして人体破壊からの再生も内容的に必須な要素な為、どのように映像化するのか興味津々でした。



絶対に死なない新生人類の「亜人」
そんな「亜人」と思わしき佐藤健演じる永井への人体実験描写からこの映画は始まります。
人体実験の決定的な描写はないのですが、実験する側の淡々とした様子が、何よりもグロテスクで、人類に対する嫌悪感と気持ち悪さをダイレクトに食らってしまいます(もちろん褒めてます!)
この気持ち悪さを掘り下げると、見ている私達も「そうならないとは否定出来ない」というところがあるのかもしれません。


そんなもやもやした最悪(最高)の幕開けから、綾野剛演じる佐藤の登場により、一気にジェットコースターアクションが始まります。

亜人VS警察、亜人VS特殊急襲部隊SAT、そして亜人と亜人の戦いや、彼らの能力「黒い幽霊」とのタッグ戦...
この映画の最大の賞賛ポイントはそれらアクションの見せ方に尽きます。
特に「黒い幽霊」のCGは全く違和感がなく、CG表現で満足せずに手段としてアクション全体を盛り上げてるのが、本当に素晴らしい。
黒ベースの再生CGが、一見グロそうな描写を上手くカモフラージュ出来ています。
そして単体アクションを連続の物として際立たせているのが、来るぞ来るぞと、高揚感を煽る音の使い方。
それらによるアクションコーディネートが素晴らしく...
他がどうこうではなく、単純にアクションシーンがそこらの洋画に負けていないどころか、こんなフレッシュなアクション海外製では見られないですよ!
余計な血肉を切り落とし、アクションに集約したストーリー展開、これはもう正義なのではないでしょうか。


佐藤健のアクションはスクリーン映えするなとか、綾野剛はまだまだ動けるしキャラクスティクな役作りは流石だなとか...
軒並み俳優陣も素晴らしいのですが、今作で驚いたのが対亜人ボディーガードの下村泉を演じる川栄李奈の存在感。
小柄で筋肉感のあるルックはめちゃくちゃハマってますし、何よりもアクションのキレが抜群です。


ただね...どうしても納得できないのが2点。
まず一つがラストの攻防戦を含めて、人の命を軽く見せてしまう展開、作戦。
作戦通りだ...つてめちゃくちゃ人死んでるけど?
戦いの出だし以外は、間抜けで死ににいってるしか見えないSATも何だかね。もっと出来るでしょと。

そしてもう一つは、どこに感情をおくべきか分からない作りになっている所。
権力側は冒頭から最低だし、佐藤側も当然だか悪として扱われる。
いやいや間に位置する主人公の永井目線だろうなんて思うが、こここそが最大の問題で彼のキャラクターが映画を通してほとんでみえて来ない。
言ってしまえば、人形のように見える。
エピソードを省いているが故に仕方ないのかもしれませんが...一連のアクションの中で彼のバックグランドを想起させる要素と付随する空白を、もっと上手く描けていれば、、、なんて感じてしまいました。



ただしかし!
極めてフレッシュなアクションと、そこに集中ささたライド性の高いストーリー。
見て損なく、オススメです。






ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/10/07(土) 16:11:52|
  2. 2017年公開映画
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0

80『ダンケルク』圧倒される没入感

印象派映像作家ノーラン監督の会心作!

ダンケルク』





~あらすじ~
1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。
(シネマトゥデイ引用)








☆☆☆☆☆☆☆☆(80/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
ハリウッドを代表する映画監督でありながら、常に賛否両論が渦巻く。
『インターステラー』や『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督の最新作は、初めて実話ベースの戦争映画!

圧倒的な映像表現と壮大な音楽、複雑な時系列操作やクロス・カッティングを活用した奇抜なプロット、膨大な情報量に、物語上の嘘。
直接物語としては必然性を持たない要素や、リアルな世界ではありえない嘘による印象操作で、さもリアルでしょ?完璧でしょ?と真面目なルックをしている...そんなノーランの作品は批判されがち。
私はどうかというと、ノーランが作る印象で実際に感情を持っていかれるのだから、寧ろ映像作家として天才的に腕があるんじゃないの?と思っており、全然好きです!
好き嫌いは割れども、絶対に評価されるべき監督と思ってます。

そんな印象操作の天才ノーランの最新作は、第二次世界大戦下の「ダンケルクの戦い」、
ドイツ軍のイギリス侵攻により、大軍に囲まれ孤立無援となったイギリス・フランス兵約35万人が6日かけて救出された...そんな歴史的奇跡の映像化に挑みます。
「陸」「海」「空」交差するオムニバス映画のような作りで描かれる今作。
そんな「陸」の主人公を演じるのが期待の新星俳優フィオン・ホワイトヘッド。
「海」にはオスカー俳優のマーク・ライランス。
「空」にはいま最も味のある俳優トム・ハーディなどが登場します。



いきなり戦場に放り込まれる冒頭。
押し寄せてくるドイツ軍から、走って逃げる若者に寄り添った場面から始まり、放り込まれたら最後、ラストまで「ダンケルク」という戦場に私達を縛り付けます。


前述の通り、今作は「陸」「海」「空」三つの視点から成り立っています。

それら3つの戦場を交互に見せる中、どの場面においても多くが兵士にピタリとついた視点で描かれます。
目線近くで映されるカメラワークが非常に印象的で、POVで目線を体感させるわけではないのですが、海に沈むとカメラも同時に沈んだり、近づく爆撃がカメラに飛び込んできたり、戦争の圧倒的な命を奪う力を体感させます。
私は通常スクリーンでしか見ていませんが、大画面であればより没入感が増すのは明らかで、可能であるならばより大きなスクリーンをオススメします!


また、説明セリフやバックグランドの説明なんてのもほとんどありません。

どういう戦争なのかのロジックは抜きに、その身一つで右も左も分からないまま戦争に放り込まれる....これは大半の兵士目線そのものなのかもしれません。

もちろん登場人物の背景もほとんどわかりませんが、この映画には丁寧な人物描写など必要ありません。
同じく今年度の傑作戦争映画に『ハクソーリッジ』がありますが、丁寧な人物描写をする事で戦争の残酷さを強調したそちらとは好対象。
『ダンケルク』では、圧倒的な映像表現で描かれる彼らに寄り添った戦争体験、その環境下での彼らのリアクション、そして大きな空白が、観る人毎に適した無数のストーリーを生み出し、合わせ鏡としてその場にいるような圧倒的な臨場感と没入感を加速させていきます。



そんな圧倒的な臨場感と没入感を描く為に、多くの物語上の嘘を駆使している辺り、やはりノーラン映画だなと感じます。

まず、人体破壊がほとんど出ません。
戦争に人体破壊がないのはおかしいのですが、没入感を際立たせる為に、戦争から人体破壊を排除する嘘をついています。
更に史実に対する嘘もいくつか。
実際は大量に飛んでいたスピットファイアも、今作は3機しか出てきません。
CGで中途半端な現実を描くよりも、3機の本物で物語に嘘をつく方を優先しています。

また、時間軸の交差のギミックも、内容に必然性を感じませんでした。

否定派から見れば、そんな多くの嘘で描いているのに、「類似戦争体験」と真面目なルックをしているのが、今作も気に入らないだろうなと感じます。
しかし私は、それら効果でまんまと戦場に没入、めちゃくちゃ楽しんでしまいました。


とにかく、稀代のフィルムメーカーの最新作にして、大画面で見てこその映画、
是非劇場で見ていただきたい!!
オススメです!!




ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/09/28(木) 23:15:57|
  2. 2017年公開映画
  3. | トラックバック:30
  4. | コメント:1

80『三度目の殺人』真実の真理

新境地だけども、是枝ワールド。

『三度目の殺人』




~あらすじ~
勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。
(シネトゥデイ引用)







☆☆☆☆☆☆☆☆(80/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)

是枝作品に外れなし。

名実共に日本を代表する映画監督、是枝裕和最新作!
2016年6月に当ブログで扱った超傑作『海よりもまだ深く』(リンク先レビュー)からまだ1年と少し。
このスパンで安定超良質な日本映画を観れるありがたさを実感しています。
ドキュメンタリーのような撮り方で、日常に転がる普遍的な何かを浮かび上がらせる天才。
それでいて、しっかり面白さは持続させる。
見終えた後の余韻に感じる作家性とか、役者の魅力を引き出すのが上手いとか、子供の演技を引き出す是枝マジックとか...
褒め出すとキリがない、是枝監督の長編12作目はなんとなんと法廷サスペンスで新境地!?

主演は『そして父になる』以来、二度目のタッグとなる国民的スターでマルチローラーの福山雅治。
共演するのが、是枝監督が「日本で一番演技の上手い俳優」と讃える役所広司、『海街diary』で是枝マジックの演出を受けた広瀬すず。
他にも、今話題の斉藤由貴や、満島真之介、吉田鋼太郎が魅力を引き出されております。




普通に生活をしていると特別意識する事はない何か。
しかし、確実に私たちの生活に密接している。

上記からすぐに連想される「家族」を描く事が多い是枝監督ですが、今作で監督が注目したのは「司法」です。


福山雅治演じる弁護士の重盛。
彼は、被告を勝たせる事が全てで、真実は重要ではないと考えています。
一見傲慢に見える彼の姿勢ですが、弁護士は司法制度の中では唯一被告の味方であり、ある意味では司法制度が弁護士のあるべき姿をそのように求めていると言っていいのかもしれません。
実際に何が事実かではなく、「何を事実にするか」こそが裁判の全てだという論理は、劇中の是枝監督お得意のドキュメンタリチックな演出で納得させられていきます。


しかし、今回弁護する被告は訳が違います。

役所広司演じる三隅は、首になった職場の工場長を殺害。
計画的な殺意はなかったという「事実」で裁判を戦おうとする重盛ですが...
供述を二転三転させる役所広司演じる三隅によって翻弄されます。
それにより、「真実にたどり着く事」を必要としない裁判制度の中で、「真実を作る事」すらも揺るがされていく...
本来あった司法制度の危うさに対して、更に一石を投じて非常にサスペンスフルな状況に追い込んでいきます。


そんな中で見えてきた「真実」のような何か。

しかし!?ラスト近くで更に転換する状況。
語らなさ、わからなさによって、見ている物は願望を込めて真実を作っていく。
私達が普段真実と思っている物すらも、裁判の中で作られていく真実と違いなく、それも「作られた真実」なのかもしれない...
何が三度目なのか。犯人はだれなのか。
オープンエンドな結末。
是枝監督すらも「わからない」という真相。
それでも惹きつける。
いや、それこそが真実の真理だからなのか...!?と感じた時、震えが止まりませんでした。
この余韻...やっぱり是枝監督の映画そのものでした。


超絶脚本と演出だけでなく、この映画を語るのに欠かせないのが役者陣の熱演です。
特に福山雅治と役所広司の面会室での、言葉による殴り合い、ボクシング。
二人の熱のこもった演技が、この作品の格を一段も二段も引き上げています。
もちろん、広瀬すずや満島真之介、吉田鋼太郎らの演技も素晴らしいです。


今回本当嬉しいのが、内容はもちろんながら、実際に大ヒットを記録している事。
ここに来るまでキャスティングやプロモーションなど多少の折れはあっただろうけど、
自らの作家性を貫いた結果、名と実が両立した稀代の映画監督になったという、この事実が本当価値ある事だなと感じています。


やっぱり是枝監督、大好きだなぁとしみじみ感じました。
日本が世界に誇る映画、是非見てください!
オススメです!!




ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/09/26(火) 18:39:25|
  2. 2017年公開映画
  3. | トラックバック:19
  4. | コメント:0

(仮)70『散歩する侵略者』

異色な視点のSF映画。

黒沢清監督の最新作!

『散歩する侵略者』




~あらすじ~
鳴海(長澤まさみ)の夫・真治(松田龍平)が、数日間行方をくらまし、別人のようになって帰ってくる。これまでの態度が一変した夫に疑念を抱く鳴海は、突然真治から「地球を侵略しに来た」と告白され戸惑う。一方、町ではある一家の惨殺事件が起こったのを機に、さまざまな現象が発生し、不穏な空気が漂い始める。
(シネマトゥデイ引用)








☆☆☆☆☆☆☆(70/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『トウキョウソナタ』や『岸辺の旅』、『クリーピー 偽りの隣人』、『回路』などの世界のKUROSAWAこと、黒沢清監督の最新作!
元々はホラー畑出身の監督で、Jホラー独特のねっとりとした印象はなく、乾いた作風が持ち味。
近年はホラーではなく幅広い作品を作っていますが、どれも根底にはしっかり「黒沢清監督らしさ」、独特の不協和音や突き放した視線を感じます。

そんな世界で活躍中の黒沢清監督の最新作は、劇団イキウメの舞台を元にしたSF映画、宇宙人侵略物です。
侵略者になった夫を松田龍作、翻弄される妻を長澤まさみ、フリージャーナリストを長谷川博己が演じます。
また、他にも前田敦子や満島真之介、東出昌大、小泉今日子と豪華キャストが集結。
独特の視点を持った、嘘くさを一切感じない和製なSF映画になってます!


レビューは後ほど。
  1. 2017/09/26(火) 16:48:03|
  2. 2017年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad