シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

第28回東京国際映画祭

秋だ!映画だ!映画祭だ!!

第28回東京国際映画祭



今年も東京国際映画祭へ。
日本で唯一の国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭。六本木のTOHOを中心に、新宿のTOHOやピカデリーで催され、「コンペディション部門」「特別招待部門」「ワールド・フォーカス部門」など、100以上の映画が10日間に渡って上映される。

上京以来、4年連続の参戦。今年は予定があり参加出来ないかな...と思っていた所に急遽参加が叶い、天にも登る気持ち。
去年はベイマックスをワールド・プレミアで鑑賞する幸せを味わったが、今年は土日のみでコンペディション部門作品を6本鑑賞。

今年の映画祭自体の印象は...
ここ数年、予算規模が増した影響で、上映作品や部門の増加に伴って、六本木のみならず様々な会場をまたいで開催する流れになって来ている。規模が大きくなる事で、普段映画を映画館に観に来ない方々の目に触れる機会が増える。普段見る事が出来ない類の映画に触れる事が出来る。映画の窓口が広がるという意味でこれは非常に素晴らしいのだが、一方で映画祭の醍醐味である「街を上げての開催」要素が年々減退しているように感じる。
「あぁ映画祭に来ている!」って感じがもう少し欲しいな...

さて、見た映画をお気に入り順に。
以下 レビュー(核心のネタバレなし)

『地雷と少年兵』
☆9
デンマーク映画。
第二次世界大戦終戦時、ドイツ軍によって海岸線沿いに埋められた膨大な数の地雷。それを取り除く為に動員されたことのは、ドイツ人捕虜の少年兵だった。

史実の悲惨さを突きつけると共に、現代にもまだまだ残る悲劇。いつ死ぬかわからない、地雷撤去作業。食料もまともに与えられる中で、精神的にも枯渇していく。
救いのない話を描いているようで、その中で辛うじて辛うじて辛うじてある救いは、人と人が触れ合って取り戻される尊厳。

大事なのは守るべき国よりも、人と人との繋がりであり、それらの広がり。知らぬ彼らも、同じ人であり、家族も悩みも持つ。
内に向く思想が、人を残酷にし戦争に導いてしまう...

映画祭での公開がきっかけて、関係者の目に止まり日本配給が決定。映画史に残る戦争映画なので、是非。


・『ボーン・トゥ・ビー・ブルー
イーサン・ホーク主演。
☆7.5
50年代から80年代にかけて、チャーリーパーカーも認めたトランペットの実力と、中性的な歌声で人気を博したジャズ奏者のチェット・ベイカー。
彼がヘロインに溺れ、喧嘩で前歯を無くした為に演奏が困難になった60年代に焦点を当てる。

満足に演奏が出来なくなった男が、再び表舞台に帰ってくるワンスアゲイン映画。
それでいて、ヘロインに溺れていた彼を、トランペットが吹けなくなった彼を一人の女優が支え、人間らしさを取り戻すロマンティックな恋愛映画。

しかし二つが決して同ベクトルでないのがこの映画の最大の魅力。彼女の支えの結果で表舞台に戻るとき、プレッシャーが究極の選択にさらされる...
彼の出す答え、結末に胸が締め付けられる。


ニーゼ
☆7.5
1940年代のブラジル。精神病院にてショック療法が正しい物とされていた当時、病院に女医のニーゼが着任する。彼女の見た治療現場はあまりに強制的で衝撃的であった。歪さを感じた彼女は、病人を観察する所から始める...

ドキュメンタリータッチの実話をベースとした作品。
病人を人間扱いせず、治療法しか見ていなかった当時の精神病院の描写はあまりに耐え難い。
そんな中ニーゼは「人を見る」という概念をもたらし、画期的な「芸術療法」にたどり着くのだが、この時の我慢は想像に耐えない....

このような変化をもたらす人がいて、今がある。そういう事実を、敬意を込めて思い返させてくれるだけで、間違えなく価値がある。


『スナップ』
☆7
タイ映画。ワールド・プレミア。
彼氏と何不自由無く暮らすヒロインの前に突然高校時代の友人が現れる。恋人未満、友人以上だった彼との関係。
そんな彼を交えて、高校時代の友人の結婚式に参加すべく故郷に帰る事に。
ふたりで数えた池の魚。思い出のベンチ。懐かしい友人と母校を回りながら、過去の恋愛を思い出す...

SNSの投稿写真を交えて、終始カラッとしているノスタルジー満点の青春映画。終始軽い気持ちで観ることが出来る。
しかし、あくまでそれは上辺だけ。作品のテンションと物語の骨格が全く一致しない。
物語の中心にあるのは、もう取り返せない彼との思い出にある甘酸っぱい切なさと、背後にクーデターの影が匂ういつでも転びうるお国柄の危うさ。このバランスがフレッシュで作品に奥行きを与える。

ラストの答え合わせで一気に???要素があったシーンがフラッシュバックして切なさが止まらない...
ただ、過去何があったかが結構わからないまま進むので、少しついていきずらい...


『残穢-住んではいけない部屋』
☆7
竹内結子主演。ワールド・プレミア。
怪談小説の作家である「私」。読者からの投稿を募集していた彼女の元に一枚の投稿が届く。
投稿の送り主は岡谷マンションに住む、大学生の久保さん。彼女いわく「部屋に誰かいる。頻繁に何かが床に擦れる音が聞こえる」との事。調査を始めた二人だが、とんでもなく大きな怪奇へとつながぅていく....

原作は小野不由美さんのホラー小説。
とにかく音の使い方が凄い。映画館のサラウンド効果を最大限に活かし、呻き、叫びに全身を覆われる。

前半は正体の定かではない者が部屋にいる怖さを。中盤は話がとんでもない所に広がっていく壮大ゆえリアルな怖さを、より身近に感じさせるような、竹内結子さんの客観的なトーンのナレーションを交えてうまく表現。特に、中盤の展開はサスペンス的にも非常に面白い。

ただ、広がりすぎたが故に、話がどうでもよくなってくるのも事実。サスペンス要素が強くなって来た所で、それをスパンと切っちゃうのもどうなのかと...


『さようなら』
☆6
ほとりの朔子の深田監督作。ワールド・プレミア。
同時多発テロで日本中の原子力発電所が爆発。日本では決して住める状態でない中、政府は順次国民に他国避難の斡旋を開始する。そんな中、外国人であり病気を持つターニャには中々避難の案内が来ない。アンドロイドと暮らす彼女であったが、次第に彼女の周囲の人が、一人また一人と去っていき...

本物のアンドロイド、“ジェミノイドF”がアンドロイド役を演じた事で話題に。
ロボットと並べてようやく見えてくる「人間とは」「死とは」。極限状態の中での生活だが、極めて静的に描く事でこれらを問いかける。

合わないのか...ただただ退屈でした。やろうとしてる事は面白いのだが....
物語に内在する社会問題。原発、差別、難民。これらを推進するのは登場人物達の会話。この組み合わせが最悪で、社会問題を含めて、とって付けたようにしか聞こえない。それゆえ会話が全く乗れないのだが、二度ほどあった舞台的に大声で叫ぶシーンもダサく感じ...


東京国際映画祭サイコー!
今週土曜日まで開催している為、機会があれば皆様是非に。

  1. 2015/10/28(水) 20:05:45|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad