シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

75『ジェイソン・ボーン』彼の名は?

黄金コンビで復活!!

9年ぶりのシリーズ最新作。
『ジェイソン・ボーン』



~あらすじ~
ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……。
(シネマトゥデイ 引用)






☆☆☆☆☆☆☆(75/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
ボーン三部作『ボーン・アイデンティティ』、『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』から9年。
ついに帰ってきた、ジェイソン・ボーンことマットデイモン。
そして監督には、シリーズを加速度的に面白くした『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』で、監督を務めたポール・グリーングラス。
こちらも、待ってました!

近年のアクション映画の在り方を良い意味でも、悪い意味でも変えたのが、このグリーングラス以後のボーンシリーズ。
その最たる特徴が、カメラワークとカット数。
それまでのアクション映画は、1000カット程度が普通とされていた中、『ボーン・スプレマシー』では数える事なんと4000カット以上...
手持ちカメラとハイテンポなカットで、映像を目まぐるしく変化させ、作品の中にある意味ドキュメンタリーチックにも見える程の臨場感や不安感を作り出します。
この手法は、96時間を始めとする、その後のハリウッドやヨーロッパ発のアクション映画に多大な影響を及ぼしましたが、実はこの手法は諸刃の剣。
臨場感を作り出しやすい一方で、チャカチャカアクションなんて揶揄されるように、整理して見せないと何が起こっているのかさっぱりに...
状況把握が出来ない上、映像アクションがもつ本来の動的なかっこよさすらも取り逃がしてしまいます。
グリーングラス自身もグリーンゾーンでは失敗してますし、96時間の続編なんかは何が何だか分からない映像ばかり見せられます。

しかし!
今作はやはりグリーングラス!
体調次第では酔ってしまうくらい、映像が動くのですが、しっかりと見やすく整理されています。
アクションの内容も多彩。
まさしく、ボーンシリーズのフルコース。
かといって、情報てんこ盛りの食べ放題アクションではありません。
アクションの連続がストーリーを紡いでいる事。
それらの要素一つ一つが、しっかりと楽しい要素を含んでいる事。
これら良質なアクション映画である必要条件が完璧に抑えられているからこそ、緊迫感が持続...いやいや、どんどん高揚し引き込まれて行きます。
ベルリンからラストまでの1時間は、ほとんどがアクションなのに、その多様な連続性にやられてしまいました。
これぞボーンシリーズ!なアクション満載ですが、現代の技術背景を含み、9年ぶりだからこそ出来る見事なアップデートがなされています。
ボーンシリーズお馴染み、待ってました!の、すれ違いアクションや人混みを活かした逃走劇。
ラストのカーチェイスの一部も、『ボーン・スプレマシー』の伝説シーンからの引用。
ああ、やっばりこの人分かってるな!
そして極めつけは、笑っちゃうくらいフレッシュなアクションもあります。
SWATハンパねぇ。

もちろんアクションだけではありません。
人物同士の対立軸がちゃんと立っているからこそ、見応えも。
特に今回のCIAが送り込む殺し屋(ヴァンサン・カッセル!)は、ボーンシリーズ過去最高最恐クラス。
それでいて、ボーンとは因縁が...
どちらかは死なないと決して終わらない予感。
こんな男臭全開の軸がたまりませんでした。

アリシア・ヴィキャンデルの役どころも素晴らしいかったです。
(というより、最高にかわいい。。。)
単なるヒロインに終わらない含み。
次作もあるとすれば、ラストに見せた決して語りすぎない彼女のそれが、ポイントになってくるはずです。
「CIAが世界中の情報を監視し、裏で操作することを目的とした恐ろしいプログラムが始動した」
新たな立ち向かう問題が始まる。
そういう意味での、今作は新章と位置づけられているのでしょう。

今作は、格段に進歩した科学技術はもちろん、移民問題やギリシャ危機、そして最も明らさまなスノーデンの告発など、様々な現代社会の問題をバックグラウンドになっています。
アクションの巧みさもさる事ながら、こっちこそがグリーングラスの作家性。
現代社会の影をテーマとしながら、エンターテイメントに仕上げるのが抜群なのです!


アクション映画としては、めちゃくちゃ面白い。
しかし、見終えた後では旧三部作の蛇足という印象だけが残っていました。
今までのボーンシリーズの最大の魅力、分からない事だらけだけど追われている...逆に懲らしめてやった物としては...
この話、正直必要でしょうか??
ボーンの新たに判明した過去が、どう見ても後から付けたものにしか見えません。

そもそも、今回の最大の問題とボーンの目的が直線上にありません。
少なくとも過去作は、自身の過去を探る事が、CIAの「自身の過去に関わる」非人道的な面を掘り起こしていました。
今作のジェイソン・ボーンの目的は復讐。
しかし、物語の一番の問題は、現実社会でも起こりうる、情報操作や行き過ぎたナショナリズム。
ボーンの復讐とは一致しない故に、お話がどこに向かってるかわからなくなっています。
ボーンがとってつけた過去を追うと、全然関係ない問題が解決した...
一体何の話を見てたのだろうと。

とはいえ、自身の謎を追い、自由を手に入れるという旧三部作のボーンの目的、シリーズの魅力を含めつつ、新たな問題に舵を切る為には、必要な繋ぎだったのかもしれません。
立ち向かう新たな目的が次作以降生まれさえすれば、アクションの気持ちよさをストーリーが更に加速してくれるはずです!

少なくとも、アクション映画としては間違いのないクオリティなので、是非劇場へ行ってください!



ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ

  1. 2016/10/14(金) 21:53:16|
  2. 2016年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

90『ハドソン川の奇跡』美しい...

するべき事をする。

御爺イーストウッドの最新作!!
『ハドソン川の奇跡』



~あらすじ~
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。
(シネマトゥデイ引用)






☆☆☆☆☆☆☆☆☆(90/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
今年ベスト。
早すぎ?いや、全然早まってなどない。
少なくとも、洋画では今の所ぶっちぎりのベストです!!!!

今年86歳になった、映画界の生きる伝説、クリント・イーストウッド監督の最新作。
若かりし俳優イーストウッドの西部劇代表作『夕陽のガンマン』、イーストウッドを大スターに押し上げた決定作『ダーティーハリー』、最後の西部劇と言われる伝説的名作『許されざる者』、監督・俳優として集大成のような名作『グラントリノ』、日米両面から戦争を描いた『父親達の星条旗』『硫黄島の戦い』、直近では近代戦争から生まれる苦悩を描いた『アメリカン・スナイパー』など、上げればキリのない70年代から2000年代全てを代表する映画人。
特に『グラントリノ』は、私が映画好きになるきっかけを与えてくれた、オールタイムベストな作品です。
そんな御爺の特徴としては、出演者誰もが驚く早撮り。
その早撮りで出来上がってくる作品は、引き算式で、無駄なシーンや過剰な演出を削り取っているのに、感情を凄まじく動かす作品に仕上がってきます。
まさしく経験のなせる技。
イーストウッドのこの姿が、今作の機長とどんぴしゃりで重なります。

今作の舞台となるのは、2009年に発生した航空事故。
USエアウェイズ1549便が、ニューヨークマンハッタン区のハドソン川に不時着水するも、乗客が'奇跡的'に全員生還、両翼に大勢の乗客が立っている衝撃的な映像が思い出される、あの事故です。
今作は、ベテラン機長のサリーが悪夢で目がさめる、事故後から描かれます。

バードストライクによる両エンジン停止。
空港に帰着できないという判断により、機長判断でのハドソン川への緊急不時着。
世論にヒーローともてはやされる一方で、国家運輸安全委員会の調査により、「空港に帰還できたのではないか」と追及されます。
奇跡...ヒーロー...
これではまるで、無謀な事を挑戦したようではないか。
機長は自らの経験、鍛練に基づき、出来る事をやりきっただけです。
一方で、委員会の職員は、多方的な目線での原因究明という仕事をこなしてるだけですが、シュミレーションで少しずつ明らかになっていくのは、帰還可能たった可能性。
そんなはずはない...でももしかしたら...
無機質な聴衆と事故調査。
この二つが信念を不安定とし、機長を追い詰めていきます。

判断ミスでのニューヨーク大惨事の可能性。
そもそも判断ミスで、乗客の命を危険に?
まるで自己の経験や職務能力の否定。
つまりは万が一の操縦ミスも。
そして、もう一つ。
奥さんが思い出すのと同じタイミングで思い出すある事実。
考えてみてください。
彼も死を見た155人の一人なわけで...

あくまで事故後を中心に描いているのですが、
IMAXカメラで撮影された事もあり、航空シーンは非常にスリリングで見ごたえあります。
そしめその挟み込み方、時制の操り方が実に見事。
まずは冒頭の悪夢のシーンで、この作品の不安定さを作り出します。
そして、中盤での不時着シーン。
事故発生から、不時着、救助シーンを中心に、機長やキャビンアテンダント、航空管制官、乗客、消防士の群像を描きます。
このシーンが本当に美しい。
誰もがヒーローになりたいと思っている訳ではなく、目の前のやるべき事をやるだけ。
プロフェッショナルの集合が見せるニューヨークの良心のあまりの美しさに、涙が止まりませんでした。

そしてラストには操縦席をがっつりと、問題発生から不時着までのノーカット版で見せ、不安定さに対する答え合わせが行われます。
差し迫った状況の中での、これしかない機長の判断。
そして成し遂げてしまうプロフェッショナルな技術。
淡々とした演出なのに、ここでカタルシスが爆発します。

この映画を完璧と呼ばずに、何を完璧とするのか...
イーストウッド監督の集大成!
是非劇場で見てください!!
鬼オススメです。





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ







  1. 2016/10/06(木) 19:44:36|
  2. 2016年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

75『エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に』

また、こいつらに会いてぇ!!

filmarks主催の試写会にて鑑賞。(11月公開予定)
リチャード・リンクレイター監督最新作!!
『エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に』



~あらすじ~
1980年夏、ジェイク(ブレイク・ジェナー)は、野球の推薦入学生として大学に通うことになる。本格的に授業がスタートする前の数日間、彼は新しく知り合ったチームメイトたちと共にどんちゃん騒ぎを始める。話題は野球や女子たちのこと、好みの曲や下品なジョークまでといろいろで……。
(シネマトゥデイ 引用)




☆☆☆☆☆☆☆(75/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『6才のボクが大人になるまで。』や『ビフォア~』シリーズ三部作など、今まさに油の乗っているリチャード・リンクレイター監督の最新作です。
様々な手法で「時間」を捉える天才。
特に前作『6才のボクが大人になるまで。』は、同じ役者で12年間に渡って撮影するという、とてつもない方法で制作。
一瞬の連続が人生(物語)を作る....自分の人生すら愛おしくなく大好きな作品でした。
「時間」の捉え方ともう一つ、リチャード・リンクレイターの十八番が会話劇!
『ビフォア』シリーズのような知的でユーモアな会話の応酬も、『スクールオブロック』での青臭くコミカルな会話も、どちらも使いこなし、疾走感を作り出します。

今作もベースは会話劇。
しかしその内容が、下ネタ含めバカバカしくてくだらなくて......ほんと最高。
d○ckって何回聞いた事か。
野球推薦で大学に入学したジェイクを、寮で待ちわびていたのは、はちゃめちゃな先輩達。
ジャンル関係なくディスコやカントリーや、はたまた演劇など様々なパーティに参加して女性を口説き回ったり、くだらない勝負をしたり、葉っぱ吸ってはよくわからん持論語ったり...
こんな授業が始まるまでの、たった3日のお話です!
会話が中心で進んでいくのですが、全ての会話に意味がない。
もちろんバカな行動にも意味がない。
現実の学生はあそこまで楽しみだけの訳ではない。
特に日本人は先輩後輩の関係性なんかは全く馴染みきれない。
ストーリーがなければ、もちろんドラマティックな展開もない。
ナイナイ尽くし。
でも...でも、爽快で引き込まれる!!

みんながみんな、全てにおいて全力だから。
全力で楽しみ、全力でバカをし、全力で勝負をする。
もちろんセックスライフも本気。
野球に対する信念も本物です!
学生でなくなってしばらくした全ての人々、「何者でもないからこそ、縛りなく全力でバカをして、楽しめる事が出来た...」今はない瞬間が、あの頃は確かに、たとえ僅かだとしてもあったと思い出せるはず。
そこに感じる懐かしさは例え日本人でも本物だ。
会話やバカしてる内容、ストーリーではない。
それらを全力でやれるあの瞬間へのノストラジー。

遊びにしても対決にしても、全力で取り組む人は魅力的。
全力だからこそ、個性が際立つ。
あぁ、また奴らに会いたい!
しかし...あの頃はもう戻らない事を、私達は知っています。
もう会えないんだ...
そんな要素が、実にさりげなーく作中にも転がっています。
最後の目線、そして微笑み一つで、あぁ終わる...

たったの3日??
たった3日でも、日常はこんなに濃くできる。
確かに何者かになってしまった今、できる事は限られてる。
しかし、「その場の空気に身をまかせろ。」
流されろという訳でなく、その場その場を全力で取り組め。
私自身、30才近くなった今でも、今この瞬間を全力で生きて楽しむ事は出来るはずだ!!
見終えた後はそんな爽やかな気持ちになります。

公開時には是非劇場へ!!
私ももう一度...





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ




  1. 2016/09/29(木) 23:08:39|
  2. 2016年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

70『神様の思し召し』こんなのインチキだ!

なるようになるさ~

東京国際映画祭で観客賞受賞のイタリアンコメディ。

『神様の思し召し』


~あらすじ~
腕利きの心臓外科医トンマーゾ(マルコ・ジャリーニ)は、傲慢(ごうまん)な性格が災いし、周囲からは面倒がられ、妻との仲は冷え切っていた。医大に通う優秀な息子が自分の跡を継ぐことを願っているが、ある日神父になりたいと告白されてしまう。そこでトンマーゾは、息子が慕うピエトロ神父(アレッサンドロ・ガスマン)の正体を暴くために、信者を装い教会に潜り込むが……。
(シネマトゥデイ 引用)








☆☆☆☆☆☆☆(70/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
脚本家として活躍してきたエドアルド・ファルコーネの監督第一作目。
第28回東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞を受賞した作品は、イタリア発のコメディです!!

主人公のトンマーゾは、確かな腕を持つ心臓外科医ですが、傲慢で人を見下す、理にかなった事しか受け入れない、嫌なおじさん。
そんな中で急に息子が、「神父になる!」と言い始め...
「医者こそが人を救う」と考えると彼は、当然神の存在など認めておらず、息子の前では受け入れる言葉を吐くも、「宗教なんてインチキだー!ぎゃーぎゃー!」と、止めるべく裏工作に奮闘します。
そこで出会ったのはカリスマ神父のピエトロ。
型破りな神父の演説や生活に不信感を高めたトンマーゾは、救いを求める人として集会に潜入し、「きっと洗脳だー!!ぎゃーぎゃー!!」と神父に近づくが、次第に妻や娘からも不信がられ....

この映画、随所に笑いが挟み込まれる緩い空気の中で、テンポよく進みます。
特に、トンマーゾとピエトロ神父の、前半はバレるバレない物としての会話、後半は職業も性格も正反対故の会話は、まったく飽きません。
一見すると角のない映画に感じますが...実態は、宗教観や職業差別、身体障害ネタなど、タブーにごりごり踏み込んだコメディです。
作品の全体的な爽やかさが影響を与えているのは言うまでもなく、
偏見を持つ人を皮肉る構図になっている事、
そして、物語を前に進め展開させる「人と人が接する」というテーマが常に中心にあり、作品から真摯さが滲み出ている事で、
嫌悪感など一切感じる隙がありませんでした。
だからこそ、過剰な障害者しばいなんかで、素直に大爆笑しました!

神父と医者。宗教と医学。
表面的には正反対で相反するものに見える両者ですが、どちらも人を救うという意味では共通しています。
どちらが正しいなどない。
完全な理解、考えの押し付けで終わるはずがなく、大切なのはやはり「人と人が接する」事によって生まれる、違いを受け入れる精神。
奇抜に見えるピエトロ神父から、現代における宗教の在るべき姿、寛容さを感じました。

ピエトロ神父は、神とは?と聞かれた時にこのように答えます。
「雲が動物に見えればきっと神様がやったんだ。ナシが落ちれば、それは重力がしたのではなく、神様がやったんだ。」
人生でも突然何が起こるかわからないが、きっとそれは神様のきまぐれかもしれない。
何かが起こっても、背負いこみ過ぎなくても良い。
自分のすべき事、したい事をやれば良いし、自分が思う自分の道を生きれば良い。
最初的には、なるようになるさ。

まさしく、これが「神様の思し召し」
息子が出す最後の結論しかり、
観客に任せる結末の取り方もまさしく、「神様の思し召し」
あの結末の描写に、奇跡が起きたととるのか、何が突然起きてもおかしくないととるのか...
どちらにしても、なるようになっただけなのかもしれません。

トンマーゾの変化はちょっと突然過ぎるんじゃないのー?
という不満はありますが...

終始安心して見れる作品なのは、間違いなし!
是非劇場で観てください!





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ


  1. 2016/09/13(火) 19:41:15|
  2. 2016年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

70『セトウツミ』このポテト長ない?

菅田将暉×池松壮亮

全編会話の脱力リアルコメディ
『セトウツミ』


~あらすじ~
性格は正反対だがどこかウマの合う高校2年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後にいつも河原で話をしながら暇つぶしをしている。くだらない言葉遊びや、思いを寄せる女子へのメールの内容、時にはシリアスなことも語り合う。そんな二人を見守る同級生の樫村一期(中条あやみ)に瀬戸は憧れているが、樫村は内海に好意を抱いており……。
(シネマトゥデイ引用)





☆☆☆☆☆☆☆(70/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
此元和津也さんによる人気漫画の実写映画化。
主演には、今グイグイ来ている実力派俳優の2人、池松壮亮と菅田将暉!
監督は『まほろ駅前多田便利軒』や『さよなら渓谷』の大森立嗣監督です。

まずはこちらを...
特報第一弾「けん玉」
http://www.setoutsumi.com/sp/tokuho01.html
特報第二弾「タイミング」
http://www.setoutsumi.com/sp/tokuho02.html
特報第三弾「スタンディングオベーション」
http://www.setoutsumi.com/sp/tokuho03.html

はい、面白いと思った方は、見に行って下さい!!
説明はこれだけで充分...
そう思うくらい、全編こんな感じです。
実際に、この特報が映画の冒頭に流され、本編も同じような各10分程度の短編が1話から6話、加えて0話とエピローグの全8話のショートムービーから構成されます。

真面目で人を見下してるフシのある、インテリメガネの瀬戸。
ちょっとアホで長い物に巻かれるフシのある、お調子者の内海。
塾に行くまでの時間、クラブを辞めた空き時間。
全く接点のない2人ですが、たまたま共通した空き時間、川辺で時間を潰す瀬戸に内海が話しかけます。
内海「お前誰やねん。」
瀬戸「それ、案外こっちのセリフでもあるで。」
もう初めから凹凸がバッチリかみ合います。
こんな調子で、全く正反対の2人が、川辺でただ喋る。
本当にそれだけの映画です!


映画的とされている事は何も起こらないにも関わらず、この映画はずっと見てられます。
それは、何故か。
一つは会話の内容とノリが秀逸過ぎる為です。
後追いで漫画を見てみましたが、今作で笑いの大半を占める間や、声の強弱による面白さは、間違いなく、映像作品の方が良さを感じました。
むしろ、映像化を見据えた漫画としか思えません...
リアルだけどシュール。
映像にする事により、そんな絶妙なバランスを実現してしまっています。
そして、それを実現している...というよりもはや画面の中で生きているようにしか見えない、主演の2人はこれ以上ない最高の配役だと感じました。

また、この映画は何にもないように見えて、実は周囲は、環境は刻一刻と変わっています。
そんなショートムービーの繋ぎ方がこれまた匠です!
永遠には続かない事を匂わせる事で、二人で時間を潰すだけの、今という時間が愛おしく感じます。
「この川で暇を潰すだけの、青春があってもええんちゃうんか。」



劇的な事が起こらないこの映画だからこそ、何も考えずにただただ浸れる映画館で観るべきと思います!!
是非劇場で見てください!



ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ


  1. 2016/09/05(月) 20:00:31|
  2. 2016年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ