シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

2017年 上半期映画ベスト10選

上半期に見た映画の振り返りとして、超個人的ベスト10を考えてみました。

2017年上半期公開映画は30本鑑賞。

500本近く劇場公開されている中で、見れたのこんだけかよ。
まじかよ。







早速、上半期ベスト10!

(作品名にレビューのリンク有)

第10位 『22年目の告白 私が殺人犯です』
韓国映画『殺人の告白』リメイク。
日本である事を存分に活用した時代背景と、それによって生まれたドラマが圧巻!
サイコサスペンスとして見どころも多く、完成度は元ネタの韓国映画以上。

第9位『3月のライオン 前編』『3月のライオン 後編』
またまた邦画。こちらは前後編セットで。
対局シーンを中心に据えた、見応え充分な青春将棋映画であった前編。
ショートストーリーの繋がりで、最終的にはエモーションが最高に高まる零の成長を描いた後編。
未完結の漫画を、よくここまでまとめあげたなと。

第8位『マリアンヌ』
上半期で最も過小評価と感じている作品。
ブラピの抑えきれない愛情が最高にロマンチック。
近年のプラピ作品で個人的には1番。

第7位『ドクター・ストレンジ』
絶対性のあった認識や価値観。それが視覚的に覆されるストレンジの体感を、そのまんま追体験。
びっくり映像に留まらず、ストーリー上のテーマとリンクしているから最高に高揚する!
手軽さ含めて、かなり好きだなー

第6位『ハクソー・リッジ』
最直近に鑑賞。
戦争の圧倒的な不条理さを描きながらも、でも信じていたい正しさを描く。
人命救助こそが最も称えられるべき行為!
ぐうの音も出ないよ。凄いよメルギブソン。


第5位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
ベスト5最初の1作はこれ。もう本当最高だよGotGシリーズ。
子ネタがキャラクターを掘り下げ、ストリート上も必然性を帯びていく。
爆笑に次ぐ高揚に次ぐ、号泣。
スペースオペラにこれ以上何を求めるのさ。

第4位『LION ライオン 25年目のただいま』
「事実は小説より奇なり。」
この言葉の為にあるような実話。
奇跡が救い、奇跡が苦しめ、そして奇跡が救う。
悩み続けた自分という人間のありかを、文字通り手に入れる展開に、涙で目がもげた。


第3位『メッセージ』
最も注目すべき監督、鬼才天才ドゥニ・ヴィルヌーヴ!
点と点を見事なまでに回収しながら、この手の普通の映画とは全く逆のベクトルの人生賛歌。
映画だからこそ、SFだからこそ可能にする語り方があまりに感動的で、提示される哲学にもう大納得!!
そうなんだよ、愛おしいんだよ。

第2位『ラ・ラ・ランド』
至極の120分。
ロマンチックな音楽と映像、そしてチャーミングな二人を見事なまでにトータルコーディネートした脚本と演出。
「おとぎ話のような、おとぎ話ではない、おとぎ話」が、愛おしい。愛おしい。愛おしい。

第1位『レゴバットマン ザ・ムービー』
一位はまさかの「レゴ」!
ただ、「レゴでやりました、凄いでしょ」じゃない。
バットマンを笑い飛ばしながらも、
どんなバットマンシリーズよりもバットマン論に向き合い、
レゴだからこそ実現出来る解を提示した、最高のバットマンの映画になっています!
こんなバットマンが見たかったんだ....




という事で2017上半期ベスト如何でしたでしょうか?

上位3作品は頭一つ抜けて、年間ベストクラス。
9位以下は、お嬢さん、帝一の國、サバイバルファミリー、キングコング、たかが世界の終わりと悩みました...


以下、見逃した映画。
マンチェスター・バイ・シーも、沈黙も、T2も、ローガンも、20センチュリー・ウーマンも、スウィート17モンスターも、トニ・エルドマンも、セールスマンも、夜は短し歩けよ乙女も、ルーの歌も、愚行録も、コクソンも....

ナンテコッタ。


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/07(金) 00:11:09|
  2. ベスト選
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2Ad