シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

70『ミスター・ガラス』ヒーローvsヴィラン??

シャマラン監督による、シャマランユニバース!!

『ミスター・ガラス』



~あらすじ~
ある施設で、特殊能力を有する3人を対象にした研究が始まる。そこには、悪を察知する力と不死身の体を持つデヴィッド(ブルース・ウィリス)、24種類の人格が同居する多重人格者のケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)、ハイレベルなIQと94回も骨折した繊細な肉体を持つミスター・ガラス(サミュエル・L・ジャクソン)が集まっていた。
(シネマトゥデイ引用)











⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️☆(75/100)


『シックス・センス』などのM・ナイト・シャマラン監督の最新作!!

しかも只の一本ではなく、代表作の一つでブルース・ウィルス主演映画『アンブレイカブル』(2000年)の続編にして、ジェームズ・マカヴォイ主演映画『スプリット』(2017年)の続編!

『アンブレイカブル』でヒーロー誕生譚を、『スプリット』でヴィラン誕生譚を描いたシャマラン監督が、シャマランユニバースと言われる世界観の共有によって実現した夢の作品です。

これら両作品に登場したブルース・ウィルスとジェームズのマカヴォイが出演するのは勿論、『アンブレイカブル』同様にサミュエル・L・ジャクソンがミスター・ガラスとして登場します。




○ここから感想(ネタバレなし)


『アンブレイカブル』で、悪を察知する力と不死身の体に気が付き、空虚な心をヒーロー活動で埋める事に目覚めたデヴィッド。

『スプリット』で、幼少期のトラウマを埋める為に23の多重人格を形成し、絶対悪と驚異の肉体を持つ24個目の人格をも生み出したケヴィン。

更に、自身の驚異的な身体の弱さから、その対象となるヒーローとヴィランの存在を盲信するミスター・ガラス。

その三者が交差し、ヒーローとヴィランが対峙する...

シャマラン映画である以上、そんな安直な映画には当然なっていません!



早々に三者共に収監されたのは、精神科医エリー・ステイプルのいる精神病院。

彼女は「自分には特別な力がある」と信じている患者を専門に治療しています。

ヒーローの存在、ヴィランの存在、スーパーパワーの存在。

否定する精神科医と、主張する三者。

ヒーローであるデヴィッドにとっては、心の穴を埋めてきた自身の力を肯定する物であり、
ヴィランであるケヴィンにとって、自身のバランスを保つ24番目の人格を肯定する物。

そしてそれは、自分の存在理由を見出す為のミスター・ガラスの主張そのものです。
つまりこの映画は、ミスター・ガラスの生涯をかけた主張の戦いと、その結末を描いた映画になっています。


本作では確かに、見かけ上はヒーローとヴィランが闘いになっています。
しかし、実態はヒーローとヴィランが共に特別な力の存在有無に対して闘いを挑む所にストーリーが存在します。

この普遍的な論点の設定ではなく、キャラクター目線での論点の設定にこそ、超歪なシャマランワールドであり、本作も魅力にもなっています。


この歪さが上手くハマってる作品もあれば、そうでない作品も多いのがシャマラン作品。
『アンブレイカブル』も『スプリット』も非常にハマっており、大好きな作品でした。

しかし、本作はストーリーデリングのバランス上、ノイズが目立ってしまっています。

最も顕著なのが、前半パート。
「既に能力を見ている」我々としては、精神科医の主張が稚拙で、説得力が無く感じてしまうのですが、その時間が余りに長くしつこい事。
これは、結末の「ある展開」とそれにのり前述の論点を強調する事に役立つのですが、前半パートでは苛立ちしかありませんでした。

また、ヴィランであること=存在理由ではない、絶対悪ケヴィンを、今作の論点に乗せるのはあまりに弱く、違和感を感じてしまったのは私だけでしょうか...



なんて、不満はあれど、
十二分にシャマランワールドを楽しませてもらった作品でした!!





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ
  1. 2019/02/06(水) 08:03:15|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

65『十二人の死にたい子どもたち』死にたい理由と死ねない理由

猟奇サスペンスではなく、若者達の叫び!

『十二人の死にたい子どもたち』



~あらすじ~
それぞれの理由で安楽死を望み、廃病院の密室に集まった12人の少年少女は、そこで死体を見つける。死体が何者で自殺なのか他殺なのか、集まった12人の中に殺人犯がいるのか。やがて、12人の死にたい理由が明らかになっていく。
(シネマトゥデイ引用)









⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️☆(65/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○まずは作品について

「天地明察」や「マルドゥック・スクランブル」シリーズの人気作家、冲方丁による2015年刊行の同盟小説の映像化。
SF作家としても知られ、最近は「攻殻機動隊」シリーズなどのアニメ映画の脚本を担当する事が多かったのですが、実写映画としては「天地明察」以来の冲方丁原作の映画になります!

冲方丁さんの原作小説は勉強不足なんですが、その「天地明察」が中々の良作だったので、本作も楽しみにしています。

そんな本作の監督を務めるのは、「TRICK」シリーズや「人形の眠る家」なとの堤幸彦監督。
年1本以上のペースで、アクション・サスペンス・ドラマまであらゆるジャンルの大作を量産するヒットメーカーです。

あくまで個人的な印象としては、面白くなくはないけども、いわゆる作家性が弱く、どの映画も心の奥底にまでは入ってこない...平均点な映画が多いと感じています。

肝心の十二人の子供たちを演じる十二人のですが、これがまた豪華で若手俳優の見本市になっています。
杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙など...
楽しみな面々が揃っています!




○ここから感想(ネタバレなし)

12人全員が同意したら、自殺が決行される。
そんな何ともめんどくさいルールで集まった自殺願望のある12人ですが、いつの間に謎の13人目の死体が!?

これからどんなサイコスリラーな展開が!?
と思いきや、その手の映画になっていく事はなく、寧ろ非常に丁寧な人間ドラマが展開されていきます。

12人いれば、それぞれ死にたい理由が異なる。
そんな中に謎の死体が出た事によって「直ぐには死ねなくなった人」「早く死ぬ必要が出てきた人」という両極の死への想いが、映画を動かし始めます。

死ぬという一つのベクトルに向かっていたはずの12人が、その理由の違いと一つの死体により生まれ始めた亀裂。

じゃあ、それぞれのベクトルが全く別かと言われるとそんな事はなく、ある人物の死にたい理由の告白が、その反発として別の人物の死にたい理由の告白を呼び起こす。
そんな状況があぶり出されていく過程と、そこから十二人十二様の社会に対する若者の叫びが響き渡る転換は脚本の妙が効いて、非常にエキサイティングでした。

この多様な思考の故のぶつかりと反論が、一つの真理を浮かび上がらせる会話劇の魅力は、『12人の怒れる男』や『12人の優しい日本人』のソレに近く、非常に期待が膨らむものでした。


しかしエンターテイメントを重視した映像化するにあたって、この映画の大きなウエイトを稚拙なトリックを素人学生が明らかにするというサスペンス側によってしまっています。

またそもそも、この題材の決定的にノイズになる要素なのが、「そんなに早く死にたいなら、一人で死ねば良いのに」というツッコミをせずにいられない点です。

たしかに、上手くそのツッコミを回避する「死にたい理由」を持つ人物も何人かいるのですが、そうでない人もチラホラ。
(このストレスを原作は如何に回避してるのか...興味があります。)

そんな全面に出た稚拙なサスペンスと、そもそもの題材の致命的ストレスが、多様な思考の故のぶつかりが一つの真理を浮かび上がらせる旨味に対して、ノイズにずっとなっているのが残念でした。



そんなノイズを凌駕しうるのが、役者陣の素晴らしさ。

役者陣は、スクリーンに映える役者さんばかりで、素晴らしかったです!!





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ
  1. 2019/02/06(水) 08:03:03|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

75『蜘蛛の巣を払う女』リスペットを解き明かす

『ドラゴン・タトゥーの女』の待望の続編!

『蜘蛛の巣を払う女』



~あらすじ~
凍てつく冬が訪れたストックホルムで、天才ハッカーのリスベット(クレア・フォイ)に、人工知能研究の権威バルデル博士から依頼が舞い込む。 その内容は、彼自身が開発した核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局から取り戻すというもの。彼女の能力からすればたやすい仕事だったが、これは彼女への復讐(ふくしゅう)をもくろむ生き別れた双子のカミラ(シルヴィア・フークス)が仕掛けたわなだった。
(シネマトゥデイ引用)









⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️☆(75/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○まずは作品について

『ドラゴン・タトゥーの女』の続編!?

原作はスウェーデンで大ベストセラーとなった小説「ミレニアム」シリーズ。
2000年代中盤にスティーグ・ラーソンによって執筆された三作と、その後15年に続編としてダヴィド・ラーゲルクランツが執筆した「蜘蛛の巣を払う女」の計四作からなります。

そのシリーズ原作を最初に映像化されたのは、リスペットをノオミ・ラパスが演じたスウェーデン版の「ミレニアム」3部作。
これはティーグ・ラーソン原作の3作を対象にした映画化で、全世界で大きな話題となりました。

その3年後の2011年にハリウッドで『ファイト・クラブ』や『ソーシャルネットワーク』の鬼才デビィッド・フィンチャーによって、原作の1作目をリメイクされたのが『ドラゴン・タトゥーの女』。

フィンチャー節の真骨頂が詰まった作品で、ダークで鮮烈なビジュアルと、ルーニ・マーラ演じるリスペットの強烈なインパクト、原作よ猟奇的ミステリーが抜群に噛み合った最高な作品でした。

そのハリウッド版の二作目として発表されたのが、小説としては四作目となる「蜘蛛の巣を払う女」の初映画化。
前作監督のフィンチャーは製作総指揮に回り、監督を務めるのは『ドント・プリーズ』のフェデ・アルバレス。
キャストも一新し、天才ハッカー リスペットをクレア・フォイ、記者ミカエルをシルヴィア・フークスが演じます。
また、リスペットの過去の関わる謎の女性を、シルヴィア・フークスが演じてます。





○ここから感想(ネタバレなし)

天才的ハッカー「リスペット」の謎の人物像が、作品のミステリーと同調していた前作。

リスペットに対しての強烈なインパクトが、非常に大きな魅力であり、只ならぬ雰囲気を終始醸し出していました。

そんな中で、記者のミカエルが狂言回しとして立ち回る事で、観客はミカエルの立場として、リスペットの奇天烈なキャラクターと猟奇的ミステリーの顛末を目撃するという、絶妙なバランスで楽しめる映画でした。



本作は一転、彼女の生い立ちがサスペンスの一部に取り込まれている事で、謎が解き明かされるに連れて「リスペット」に対する距離感が近くなって行く所に、映画としての魅力がとじ込まれています。

リスペットが、何故男性の犯罪を徹底的に制裁し、弱者としての女性を救済するのか。

キャラクターに対する印象が強烈な程に、有機的に機能するのは間違いない作りので、前作から間を置かないタイミングで同じ製作陣で作られていたら...更に面白く機能したのになと、少し残念な所はあります。


とは言え、
リスペットの強烈なパーソナルを、サスペンスと共に解き明かして行く...みるみる惹きつけられていきます。


またこのシリーズの特徴であるビジュアル面も非常に洗練されています。
雪山を中心に展開されるビジュアルは大好物で、しかもそこで展開されるより強度を増したアクションは最高でした!


一方で前作と比較してしまうと、魅力を表面化した分、猟奇さや不穏さはありつつも、その尖り方は薄くなっています。
更には、前述したリスペットの扱いの変化から、キャラクターの強度も落とされた事もあり、印象が残りにくい作品になっているのはそうかもしれません。



とは言っても、猟奇的殺人とそこに関与するリスペットの人物造形、更には雪山のビジュアルとアクション、非常にバランスよく楽しめました!



ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ
  1. 2019/01/27(日) 23:35:33|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

80『クリード 炎の宿敵』新シリーズの成長物語!

何の為に戦うか??

傑作『クリード チャンプを継ぐ人』の続編!

『クリード 炎の宿敵』



~あらすじ~
ロッキー(シルヴェスター・スタローン)の指導を受け、ついに世界チャンピオンになったアドニス(マイケル・B・ジョーダン)に、リングで父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターが挑戦状をたたきつける。ロッキーの反対を押し切り、父のリベンジを誓い試合に臨んだアドニスは、ヴィクターの反則行為によって勝利する。しかしアドニスは、ボクサーとしてその結果に納得できなかった。(シネマトゥデイ引用)








⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️(80/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○まずは作品について

『ロッキー』シリーズの後継として2015年に公開された『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。

前作はロッキーシリーズのレガシーに終始する事なく、しっかり前に進める物語とそこに籠る熱量に圧倒され、「クリード」物語の序章として大傑作でした。

その続編として、一時はスタローン自ら監督をするという噂がありましたが、この作品の精神と逆を行くという事で降板。
最終的には長編デビュー作となるスティーヴン・ケープル・Jrが監督に大抜擢されました。
スタローン、流石分かってるな~と感服してます。

主演のクリード・アドニスを演じるのはマイケル・B・ジョーダン。
前作以降に、ブラックパンサーで敵役のキルモンガーを演じるなど、今ノリに乗ってる俳優さんです。
また勿論、前作同様にクリードのメンター ロッキーとしてスタローンが、難聴のボーカルヒロインとさてテッサ・トンプソンが出演。
そして、アポロ4での因縁の敵ドラゴを旧シリーズ同様にラルフ・ラングレンが、クリードに立ちはだかるその息子ヴィクターをフロリアン・ムンテアムが演じます。



○ここから感想(ネタバレなし)

スタローン曰く「新世代の物語」とするこのシリーズ。

『ロッキー4』にて、クリードの父アポロを試合で殺し、ロッキーにリベンジされたドラゴの息子と、そのロッキーの弟子にしてアポロの息子アドニス・クリードの対決。
旧シリーズのファンサービスに終始してもおかしくない題材ですが...

今作はロッキー4のドラゴ戦を引用しながらも、主題はクリードの成長物語にあり、そのクリードの物語にこそ感動が詰まっている素晴らしい作品になっています!




そもそも、『クリード チャンプを継ぐ男』が『ロッキー1』と重なるのであれば、本作は『ロッキー2』同様チャンピオン戦なるまでを描くべき所、その過程は非常にあっさり。

本作の物語はチャンピオンになった後にあり、ロッキーシリーズで言うならば、ずばり『ロッキー4』に重なります。

その『ロッキー4』では、アポロの死とリベンジ戦がメインストーリーでした。
今作も同じく、父を失ったアドニス・クリードと、仇討ちを受けて未来を失ったドラゴ親子のリベンジ合戦になっています。

つまりは『ロッキー4』のキャラクターが大きく交差するだけでなく、シリーズにおける立ち位置も全く重なる訳です。

しかし... 全く違うのは、そこにある物語です。

ロッキー4では、シリーズの旨味を駆使した上で、最短経路でトレーニングから試合へ向かう、上がる要素だけから成り立っている映画でした。

一方で本作は、クリードが人生の新たなステージで成長する姿が軸となる物語になっています。

そしてその軸の背後で、交差するキャラクター達、つまりはロッキーやドラゴ親子の物語も、映画の前と後で大きく前進しているのです。

過去を払拭する為に戦うクリード。
未来を守る為に逃げるロッキー。


そのどちらでもない「戦う理由」に行き着く時、ボクシングでの「勝者のロジック」が芽生えて、クリードやロッキー、そしてドラゴ親子の三様が人間としても成長する。

「勝者のロジック」と、「キャラクターの成長」が重なり、それぞれの人生を前に進める。

その演出も抜群で、象徴する「彼女の歌」の演出は予想の斜め上から飛んで来て、号泣しました。



成長と勝者のロジックの切り口、
作品としてのモチベーション、
更には映画に対する作り手の布陣

あらゆる層において、未来に向かうメッセージに集約されているからこそ、この映画はパワーが漲る作品になっています!!



おススメです!!




ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ


  1. 2019/01/21(月) 23:22:24|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『蜘蛛の巣を払う女』あらすじ・鑑賞前作品情報

『ドラゴン・タトゥーの女』の待望の続編!

『蜘蛛の巣を払う女』



~あらすじ~
凍てつく冬が訪れたストックホルムで、天才ハッカーのリスベット(クレア・フォイ)に、人工知能研究の権威バルデル博士から依頼が舞い込む。 その内容は、彼自身が開発した核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局から取り戻すというもの。彼女の能力からすればたやすい仕事だったが、これは彼女への復讐(ふくしゅう)をもくろむ生き別れた双子のカミラ(シルヴィア・フークス)が仕掛けたわなだった。
(シネマトゥデイ引用)









??(⁇/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○まずは作品について
『ドラゴン・タトゥーの女』の続編!?

原作はスウェーデンで大ベストセラーとなった小説「ミレニアム」シリーズ。
2000年代中盤にスティーグ・ラーソンによって執筆された三作と、その後15年に続編としてダヴィド・ラーゲルクランツが執筆した「蜘蛛の巣を払う女」の計四作からなります。

そのシリーズ原作を最初に映像化されたのは、リスペットをノオミ・ラパスが演じたスウェーデン版の「ミレニアム」3部作。
これはティーグ・ラーソン原作の3作を対象にした映画化で、全世界で大きな話題となりました。

その3年後の2011年にハリウッドで『ファイト・クラブ』や『ソーシャルネットワーク』の鬼才デビィッド・フィンチャーによって、原作の1作目をリメイクされたのが『ドラゴン・タトゥーの女』。

フィンチャー節の真骨頂が詰まった作品で、ダークで鮮烈なビジュアルと、ルーニ・マーラ演じるリスペットの強烈なインパクト、原作よ猟奇的ミステリーが抜群に噛み合った最高な作品でした。

そのハリウッド版の二作目として発表されたのが、小説としては四作目となる「蜘蛛の巣を払う女」の初映画化。
前作監督のフィンチャーは製作総指揮に回り、監督を務めるのは『ドント・プリーズ』のフェデ・アルバレス。
キャストも一新し、天才ハッカー リスペットをクレア・フォイ、狂言回しの記者ミカエルをシルヴィア・フークスが演じます。
また、リスペットの過去の関わる謎の女性を、シルヴィア・フークスが演じています。



大好きなシリーズの続編、陣営変更がどう作用したのか...
続きは後日!





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ
  1. 2019/01/20(日) 15:17:05|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ