シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

80『スパイダーマン ホームカミング』親愛なる隣人へ

待ってました待ってました。
MCU版スパイダーマン始動!

『スパイダーマン ホームカミング』




~あらすじ~
15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し……。
(シネマトゥデイ引用)





☆☆☆☆☆☆☆☆(80/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
ソニーエンターテイメントによって、1994年から始まったサムライミ/無印版の三部作、2006年からのマークウェブ/アメイジング版三部作(二部で打ち切り)と、過去二つのシリーズが作られてきたスパイダーマン映画。
近代的なアメコミ映画の先駆けとなり、特に日本ではアメコミ=スパイダーマンというくらいの知名度を得ています。
そんな中、ご存知マーベルコミックスのヒーロー達が超大作映画作品をまたがって世界観を共有するMCU(マーベルシネマユニバース)がスタート、映画のシネマユニバース化のムーブメントを作ります。
マーベル原作の大人気コンテンツ スパイダーマンですから、本来はMCUに入って然るべきところ、大人の事情でここまで組み込まれず...
ソニー製アメイジングシリーズが転けた事で(私はセンチな2作目が大好きですが!)、独自路線を撤回、ここにきてのMCUに本格参戦となった訳です!!


アクション映画という枠組みにとらわれず、作品の本質を見極めた上での監督人選に定評のあるマーベル。
スパイダーマンの監督に選んだのは、なんとなんとボーイ・ミーツ・アダルトな傑作『コップ・カー』のジョン・ワッツ。
主演を演じるのは、撮影当時19歳とスパイダーマン史上最年少で年齢も近い新星トム・ホランド。『白鯨との戦い』で自然の猛威から生き残る若い乗組員を印象的に演じたキュートな少年です。
そして、予告等で明らかになっている通り、アイアンマンことトニースタークが、15歳のピーター・パーカーを導く非常に重要な役で登場します。




MCUの中でしか出来ないスパイダーマンとは?


スパイダーマンらしさ...その一つの大きな要素であるのが、アクション中の軽快な「軽口」と、そこからにじみ出る「若さ」「青さ」。
マーベル作品で唯一青春物でもあるスパイダーマンにとって非常に重要な要素ですが、これまでのシリーズでは、作品の性格上どうしても「軽さ」を強調できませんでした。

そこには過去2シリーズ、特にアメイジング版で顕著だった長ったらしい「ヒーローになるまでのエピソード」との関わりが。
限られた時間の中でこの少し重たいエピソードが組み込まれる事により、スパイダーマンに対して観客は冒頭から勝手に「責任」を押し付けざる得ませんでした。
特にアメイジング版の一作目では、その責任を勝手に受け取ってしまったが故、中盤のピーター・パーカーのヘラヘラ軽い行動に軽く苛立ちを感じてしまいました。

しかし今作では、過去シリーズから年月が浅い事、そしてMCUというそもそもの軸が存在する事が、
シリーズのリブートである以上、本来は必要不可欠な導入部の大胆な排除を許しています。
それにより、退屈なエピソードが無くなっただけでなく、冒頭のスパイダーマンから「重さ」「責任」を排除し、「青くて無謀」な要素を微笑ましく凝縮させる事に成功。
トムホランドが纏う若さが後押しし、過去シリーズ最も応援したくなる、成長を見守りたくなるスパイダーマンになっています!!
特に、冒頭の『キャプテン・アメリカ シビルウォー』の舞台裏でのはしゃぎ様は本当微笑ましく、最高でした。


そしてもう一つ、MCUである事を最大限活用する事で、スパイダーマン論に正しく帰着させる事に成功しています。

本作のスパイダーマンのヒーロー活動の動機、それはアベンジャーズへの憧れです。
彼が「アベンジャーズに入れて!?」とアイアンマンことトニースタークに懇願、そして無茶なヒーロー活動へと手を伸ばしていきます。
そんな15歳パーカーに、メンターのスタークおじさんは「地に足つけろ!」と説教する訳です。

そんな中で暗躍するのが、マイケル・キートン演じる今作のヴィラン、ヴァーチャー。
アベンジャーズの宇宙人から地球を防衛する為の戦いの中で、彼はマーベル史上最も人間らしい理由により誕生します。
つまり、アベンジャーズの地に足をつけられない戦いの中で、彼は生まれた訳です。

アベンジャーズの存在への憧れと、一部共感せざるえないヴィランの主張。
この対比を活用し、スパイダーマンがスパイダーマンである所以、つまり『親愛なる友人』という解へ繋がる展開に、もうこれ以上の正解ないでしょと、最高に上がりました。


トムホランド演じるスパイダーマンが良いと書きましたが、マイケルキートンが演じる悪役ヴァーチャーも素晴らしいです。
内なる狂気と良心。
マイケルキートンの目力と、『バットマン』『バードマン』ときたフィルモグラフィーが、これほど現実的で奥行きの感じるヴィランを実現しました。

そんなスパイダーマンとヴァーチャーが対峙する中で最もスリリングでエキサイティングなのが、アクションではなく会話シーン。
ネタバレになるので詳しくは語りませんが、流石『コップ・カー』のジョンワッツ監督!
ホームカミングパーティへと繋がる展開は、マーベル史上最高にぞくぞくする対峙シーンになっています。


唯一、アクションの見づらさだけは指摘しておきたいのですが...

スパイダーマン史上、最高に無邪気で楽しい作品、是非劇場で見てください!
オススメです!


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2017/08/27(日) 21:26:48|
  2. 2017年公開映画
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0

2017年8月注目映画

最近映画鑑賞をちょっとストップしていますが...

8月は年間ベスト候補目白押し!
今月は多めです。

2017年8月 注目映画
(超個人的嗜好)


☆何としても観る映画

『スパイダーマン ホームカミング』(7/11~)
MCUに組み込まれたスパイダーマンの一作目。
待ちに待ったこの一作の監督は、「コップ・カー」のジョン・ワッツときたか!
アイアンマンとのコラボはもちろん楽しみだし、長く退屈な誕生譚は一切なく、いきなりスパイダーな世界に没入できる事も楽しみ!!


『ベイビー・ドライバー』(8/19)
パロディ全開でありながら、全く新しいコメディ映画に完成させる...そんなイメージの強いエドガー・ライト監督の最新作は、ミュージカルのような犯罪映画!?
過去作のイメージから一転、エンターテイメント全開な本作は、絶賛の嵐。
実はこの映画が年間ベスト、最有力候補です!


『ワンダーウーマン』(8/25~)
MCUと双璧を成すDCエクステンデットユニバースの4作目。
陰気臭いお話に「これじゃない」感漂うシリーズにおいて、唯一「これでしょ!」となったのがワンダーウーマンの登場シーン。
その女性ヒーローを、女性監督パティ・ジェンキンスが描く。
予告編から確信、今作のDCは違う!!!


☆可能な限り観る映画
『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章』(8/4)
まさかまさかのジョジョ第四部の実写映画化。
ジョジョ??スタント??三池崇史監督???
興味津々でございます。

『ギフト 僕がきみに残せるもの』(8/19)
なになに?
“難病ALS を宣告された元 NFL のスター選手が、
やがて生まれてくる息子に贈るために撮影しはじめたビデオダイアリーが世界中を感動させる
ドキュメンタリー映画になった。”
これは見ないといけないやつ!

エル ELLE』(8/25)
イザベル・ユペール×ポール・ヴァーホーヴェン監督。
昨年のカンヌやアカデミー賞を賑わせたエロティックサスペンス。
鬼才ヴァーホーヴェン最高傑作との声も!?
見たい!

『ハイジ アルプスの物語』(8/26)
スイスの児童文化を実写映画化。
日本では高畑勲や宮崎駿が関わった同名アニメーションの知名度が圧倒的。
公開済みの本国では評判は上々で、中々楽しみ。


『パターソン』(8/26)
こちらも昨年のカンヌで存在感を出した作品。
主演のアダム・ドライヴァーに加え、共演した永瀬正敏にも注目。
日常の中の違和感だけで惹きつける静の魅力に満ちており、映画を深化させた作品と評判。



☆時間&評判次第
『ロスト・イン・パリ』(8/5)
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8/18)
『キングス・オブ・サマー』(8/19)
『関ヶ原』(8/26)
『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(8/19)


見たい作品が月末に集中しているけど、楽しみが多い月になりそうです!

お盆休みはハワイ行ってきます!!









ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

  1. 2017/08/03(木) 22:08:57|
  2. 観る映画・観ない映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad