シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

85『犬猿』これは俺の映画だ

エグ面白い、吉田恵輔監督最新作!

『犬猿』



~あらすじ~
印刷会社で営業を担当している金山和成(窪田正孝)は、刑務所から出てきたばかりの乱暴者の兄・卓司(新井浩文)を恐れていた。一方、幾野由利亜(江上敬子)と、芸能活動をしているおバカな妹の真子(筧美和子)は、家業の印刷工場を切り盛りしていた。兄弟と姉妹の関係は、あるときから変化し始め……。
(シネマトゥデイ引用)








☆☆☆☆☆☆☆☆(85/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
日本の現役映画監督の中で、3本の指に入る大好きな監督、吉田恵輔監督の最新作!!
アイドル映画でありながら強烈な人間本来のエグみに満ちた『さんかく』、そのエグみをバイオレンスにも発散させた森田剛主演の『ヒメアノ~ル』。
この二作はその年のベストクラスに大好きで、それ以外の作品も基本安心して楽しませてくれます。

そんな吉田恵輔監督が今回扱うのは「兄弟」。
何をえぐりとるのか...それをどう調理するのか...
何を隠そう、兄弟、それも双子の自分としては、嬉しくてたまりません。

二組の兄弟を演じるのが窪田正孝&新井浩文とニッチェ江上敬子&筧江美子。
比較的ポップな俳優の活かし方も抜群に上手い吉田監督により、どんな存在感を見せるのか興味津々です!


兎に角面白い!!

登場する二組の兄弟姉妹。
地道に生きてきた和成と、その兄で刑務所上がりの卓司。
生真面目に町工場を切り盛りする由利亜と、ふわふわと芸能活動をしている妹の真子。
あくまでカッコ付きですが...
(正反対な)二組の兄弟が、交わることで、これまでの生活に歪みが生まれて、この映画を劇的に動かします。


そもそも兄弟というのは、他に類を持たない不思議な関係性です。
同じ血が流れ、同じ環境で育ち、最も近くにいる同世代。

他の誰にも抱けない信頼や愛情を感じる、変えの効かない存在ですが、
それと同時に容易に比較できるが故、利用して卑屈になる事も、自己肯定を得る事も出来る。
凄いねの一言も中々言い出せないし言いたくない、粗を見つけては皮肉を言ったり逆に優しさで自分を誇示したりもする。
兄弟だからこそ、価値を認めなくないし、虐げてしまう事があるんだよな...
双子を持つ自分にとっては、そんな兄弟ならではの感覚を、エグく切り抜いてくるこの映画は、これ以上ない「俺の映画」なんです!!!


そして真骨頂は、この人間の嫌な所をつまみ出しながら、それらを幹に紡ぐ物語の面白さ。
兄弟こそのプライドや見栄、卑屈や蔑みが、「どうなるんだ...!?」と物語を予期せぬ方向へ転がしていきます。
えぐり取られた人間の嫌な行動や顛末は、どれも苦く痛いはずなんですが、同時にエンターテイメントとしてめちゃくちゃ楽しめるバランスにもなっています。

これはテンション(キレ)や物語を横滑りさせる道理こそ違えど、直近に見た『スリー・ビルボード』に近い感覚がありました。
チャップリン曰く「喜劇と悲劇は紙一重」。
今作も、目を背けたい人間の嫌な本性が同時に面白さに直結する、そんな傑作「エグみエンターテイメント」なんです!


更にラストでは、大いに大いに唸ります。
屋上での温かい会話に、涙腺を緩め
あぁ良い映画だった...
そんな感傷に浸る大円団...かと思いきや!
吉田監督十八番の、意地悪で切れ味抜群な切り返しに、やってくれたな!と共に、でもそうなんだよ!!!と大絶叫。
ほんと吉田監督性格悪いわ~(褒めてます。)


もちろんキャストもみんな良い、最高。
新井浩文の周囲を問答無用で巻き込む存在感、筧美和子の万といそうな女優の拗らせ感も、ニッチェ江上のコントの延長線上なんだけど実在感ある人物に落とし込んだのも最高最高。
そして何より窪田正孝!!個人的には彼が一番怖い。
一見実体感のない彼の奥にたまに見える表情が印象的で、「いや...やっぱ兄弟だよ...」としっかり感じさせてくれるのです。


本当、吉田恵輔監督から目が離せない。
傑作エグみエンターテイメントを劇場で!
超オススメです!!


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/02/18(日) 19:59:06|
  2. 2018年公開映画
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

85『スリー・ビルボード』人間は不完全だから...

不完全な人間こそを、愛でようではないか。

アカデミー賞大本命!
『スリー・ビルボード』



~あらすじ~
ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。
(シネマトゥデイ引用)








☆☆☆☆☆☆☆☆(85/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
賞レースの封切りとなるトロント国際映画祭で最高賞の観客賞、ゴールデングローブ賞のドラマ部門で作品賞、混戦の今年度アカデミー賞において堂々と本命と言われているのがこの作品。
監督を務めるのは、『セブン・サイコパス』のマーティン・マクドナーさん。
これから何度も耳にするであろう、マーティン・マクドナーという名を是非覚えておいて下さい!
出演陣も通好みで、娘を失った母をオスカー女優のフランシス・マクドーマンドが演じ、ウディ・ハレルソンやサム・ロックウェルらが共演します。



オスカー最有力は伊達じゃない!!!

レイプ殺人により殺された娘の母ミルドレッド。
彼女は大通り沿いの3つの看板に、捜査を進展させない警察、更には警察署長を名指しする過激な抗議文を設置します。

残虐に殺された娘の母とあって、観客は彼女に容易に同情しそうな所ですが...
そんな予感はあっさりと彼方へ。
導入から数分で、既に彼女の欠落した何かがボロボロと見えて行きます。
対する事態を一向に進展させない警察署長は、冒頭から嫌悪の対象になりそうな所、彼の人格者っぷり、更には同情せざる得ない”ある事実”が浮かび上がってきます。
では彼の部下の差別主義者ディクソンこそが敵になっていくのかというと、そんな安直な結末も決して迎えません。
彼ら正義と悪が入り乱れた一筋縄では行かない登場人物が、映画を静かにかつ驚きの向きに動かしていきます。

では誰が娘を犯して殺した犯人なのか...
何度もそんなミステリーになりそうになるのですが、やはり決してそんな生易しい展開には終始しません。
登場人物それぞれ(もちろん観ている我々も!)は自分の目線しか持たず、一人称でしか世界を語れない。
そんな人間の不完全さが、ボタンを掛け違えたよに...観ている者や劇中の人物すらも思ってもいない残酷な方向へと物語をスライドさせていきます。

「おいおい、この先一体どうなっていくのか...」
悲劇と僅かなブラックコメディ的なバランスも見事で、横滑りをするストーリーにおいて、観る者の興味をグイグイと引っ張っていきます。

そんな人間の不完全さによる悲劇、軋轢がピークに達した時...
非常に強烈な名シーンにおいて、この映画は見事な転調を見せます。
人の不完全な性が、取り返しのつかない悲劇を生むのであれば、それらから悔い学び這い上がらせるのも人の性だったりする。
不完全さこそを愛でるこの映画、身終えた後に濃密な余韻が残りました。

アメリカ南部という土地柄も活きており、本当どいつもこいつも三者三様に保守顔なんですが、その南部感が映画を面白く、より深く、そして生き物にしてる事は確かです。

アカデミー主演女優賞有力のフランシス・マクドーマンドの静かで怒りに満ちた複雑の演技は勿論素晴らしいのですが、印象に残るのは差別主義者の警察官を演じるサム・ロックウェル。
クソ野郎だけども、それだけではない多層的なキャラクターを、非常に印象的に演じています。
彼の助演男優賞も文句なし。



人間の性を描き濃密でありつつ、しっかり面白い。
アカデミー賞最有力作品を是非劇場で!!!


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/02/13(火) 23:35:04|
  2. 2018年公開映画
  3. | トラックバック:12
  4. | コメント:1

FC2Ad