シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

70『ローガン・ラッキー』

ソダーバーグ監督復帰作!

『ローガン・ラッキー』



~あらすじ~
脚が不自由で仕事も家族も失ったジミー(チャニング・テイタム)は、人生を一変させようと犯罪計画を立てていた。それはカーレース「NASCAR」が開催されるサーキット場の金庫から、大金を強奪するというものだった。片腕を失った元軍人の弟クライド(アダム・ドライヴァー)、カーマニアの妹メリー(ライリー・キーオ)、爆破のプロで服役中のジョー(ダニエル・クレイグ)を仲間に迎えるジミー。ジョーを脱獄させて金庫を爆破し、再び彼を獄中に戻す大胆不敵な計画は順調に進んでいたように思えたが……。(シネマトゥデイ引用)








☆☆☆☆☆☆☆(70/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
おかえりなさい、スティーブン・ソダーバーグ監督!
『オーシャンズ』シリーズや『チェ』三部作、『トラフィック』のソダーバーグ監督、2013年にまさかまさかの映画監督引退宣言。
近年はテレビシリーズで主に仕事をしていましたが、約4年ぶりの復帰作。
観ない訳には行かないでしょ!

そんな監督の元には、実力派スターが集結。
『マジック・マイク』や『フォックスキャッチャー』のチャニング・テイタム、
『パターソン』や『スターウォーズ フォースの覚醒』のアダム・ドライヴァー、
『007』シリーズや『ドラゴン・タトゥーの女』のダニエル・クレイグ、
『マッドマックス 怒りのデスロード』のライリー・キーオ、
更にはセス・マクファーレン、ケイティ・ホームズ、キャサリン・ウォーターストン、ヒラリー・スワンクらが結集と...
観ない訳には行かないでしょ!!!


豪華スターによる、チーム強奪犯罪映画。
ある程度の映画好きであれば、ソダーバーグの代表作の一つである『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』を自ずと思い浮かべてしまいます。
しかし、本作はそれらシリーズとは正反対。
プロフェッショナルな強盗劇にスタイリッシュな面白さを強調するのが『オーシャンズ』シリーズであれば、本作『ローガン・ラッキー』は素人が強盗をする事にこそ面白さが集約されています。

緻密なんだけど、どこか間抜け。
よくできたような、出来ていないような計画。
オーシャンズとは正反対で、ゆるさ、くだらなさが全開で終始にやにやしっ放し。
素人だからこそのまさかの展開が楽しい、そんな映画になっています。

キャラクターにも魅力がぎっしり。
お気に入りは、おかしなな尖り方をしたジョーの兄弟。
その信念、どう考えても君たちに合ってないよ!笑
義手バーテンのクライドの、というかアダムドライバーのどこか抜けたキャラクターも最高です。
そして何が良いって、彼らはみんな社会的に何か欠けた人間である事。
田舎の保守的な街、閉塞感のある中でそれぞれ失ったものを取り戻す為に、素人な強盗を実行する彼らを、そりゃ当然応援したくなるよ。

そして、頭を使った機転ではなく、タイトルの通りに幸運でピンチをしのぐ潔さもまた、この映画ならではの魅力です。


間の取り方だけでなく、ラストのネタバラシのあっさりさ含めて、ソダーバーグらしさをひしひし感じました。


おかえりソダーバーグ!!

ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/12/04(月) 20:19:57|
  2. 2017年公開映画
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.blog.fc2.com/tb.php/147-7f2ae16e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「ローガン・ラッキー」

狙うは、一攫千金… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201711180000/ 【メール便送料無料】Soundtrack / Logan Lucky (輸入盤CD)【K2017/8/18発売】(サウンドトラック)
  1. 2017/12/27(水) 06:52:53 |
  2. 日々“是”精進! ver.F

「ローガン・ラッキー」第30回東京国際映画祭

現在ロードショー公開しているこの作品を、私は東京国際映画祭の特別招待作品で鑑賞した。本作監督のスティーブン・ソダバーグが映画界から去ったのは4年前であった。そしてこの作品で映画界にカムバックしたのである。彼のことは本当に好きで、映画界から引退するわずか前までは、今一番好きな映画監督は誰?と聞かれたら迷わずスティーブン・ソダバーグ!と答えたものだった。だが、ちょっと商業的な感じが前面に出て来て...
  1. 2017/12/27(水) 13:07:06 |
  2. ここなつ映画レビュー

『ローガン・ラッキー』 この作品で強盗に遭ったのはあなただけ?

 『サイド・エフェクト』(2013年)を最後に引退と謳っていたスティーヴン・ソダーバーグの復帰作。  脚本は、この作品が最初の脚本だというレベッカ・ブラント。  ソダーバーグが引退した理由は作品のすべてをコントロールできるような環境ではなかったかららしいのだが、今回のカムバック作品は自分の会社などを設立して自分のやり方で映画を撮ることができるようになったようで、それだからかは...
  1. 2017/12/27(水) 18:32:59 |
  2. 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実

ローガン・ラッキー

不運続きのジンクスを抱えるローガン一家の長男ジミーは、どん底人生からの一発逆転を狙い大金を強奪しようと決意する。 ターゲットは戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー)に行われる、NASCARストックカーレース“コカコーラ600”。 弟クライドと妹メリーを仲間に誘い、服役中の伝説の爆破師ジョーを脱獄させて金庫を爆破しようという大胆な計画だった…。 クライム・アクション。
  1. 2017/12/30(土) 18:09:43 |
  2. 象のロケット

FC2Ad