2018
04/15
00:08

80『ペンタゴン・ペーバーズ』今だからこそ!

2018年公開映画|CM:0|TB:11

スティーブン・スピルバーグ最新作!

『ペンタゴン・ペーバーズ/最高機密文書』



~あらすじ~
ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴く。ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり……。(シネマトゥデイ引用)






☆☆☆☆☆☆☆☆(80/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
名実共にトップに居続ける映画監督、スティーブン・スピルバーグ監督の最新作は、ジャーナリズムを説く社会派ドラマ!
ジャーナリズムを実在の報道から描いた映画といえば、記憶に新しい神父の性的暴行という禁断の報道を扱った『スポットライト』や、今回の内容とも繋がるウォーターゲート事件を扱った『大統領の陰謀』などがあるなか、スピルバーグはトランプ大統領就任後に「今」だから伝えないといけないという義務にも似た熱量で、製作準備からなんと1年2ヶ月程で公開へ持ってきたのが今作。
この超スピードの製作に乗っかったのが、トム・ハンクスとメリル・ストリープという超大物オスカー俳優。
ここにもハリウッドの反トランプの力強さが垣間見られます。


撮影期間に至っては約二ヶ月という、イーストウッド監督ばりの早業で仕上げた今作。
流石にとっちらかってるのでは?と思いたくなる所、完成度はこのスピード感とは全く無縁で、スピルバーグの映画監督としての力量に驚かされます。

時代はベトナム戦争下、まだまだ政治家と報道の関係は強く、彼らの下でこそ報道が成り立ってた時代です、
ワシントン・ポストの報道のトップであるトムハンクス演じるベンと、会社のトップであるメリルてストリープ演じるキャサリン。
二人は旧友の中である一方で、性格や仕事への背景、情熱の方向性は全く異なります。
報道の自由を信じて疑わず、自分の成す事に対して野心の高いベン。
家族経営の会社で夫の死によりトップに就き、周囲からは軽く見られるキャサリン。
二人の目の前に、戦争下の政府の嘘が綴られる「ペンタゴン・ペーバーズ」があらわれた時...

報道の自由、政治家との関係、そして会社の存続と従業員の生活...
全く違った立場や背景を持つ二人の葛藤は正反対です。
特に経営者キャサリンの立場にとっての正しさとは一体何なのか...
(メリル・ストリープの煮え切らない演技も素晴らしい!)
そんな二人の葛藤が、ライバル社との関係やバレるバレない展開、そして裁判の行方といった段階的に変化して行くサスペンス要素と絡まって盛り上げていくのだから、エンターテイメントとしてめちゃくちゃ面白いんです。
決して、社会派だけな映画でないのが、もう本当流石スピルバーグ監督だなぁと。

更に圧巻だったのが、告発文書に対するスタンスや葛藤は対称的な所にいた二人が、見てる我々が「そうであって欲しい、そうでなければ困る」所、これこそ今スピルバーグ監督が伝えたかったジャーナリズムの意義で、そこに二人して行き着く...そんなプロセスが本当素晴らしく二人分のガッツポーズが出てしまいます。

そんな、カタルシスの最高潮もまた印象的。
『シン・ゴジラ』以来の、あのシーンに燃えるとは...

ラストシーンが「あの事件」に繋がる事もこの映画にとっては非常に大きな意味があります。
メディアが政府に対して機能しているかが、この世界を純化させるのにいかに重要か...痛感させられました。

いや本当、穴がなくて、スピルバーグ流石すぎる!

万人におススメ出来るエンタテインメントな社会派ドラマ。
是非劇場で!!




ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ