シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

70『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』

リュックベッソン最新作は新感覚スペースオペラ!

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』



~あらすじ~
西暦2740年。宇宙の平和を守るため、銀河をパトロールしている連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。アルファ宇宙ステーションに降り立った彼らは、長い時間をかけて規模を広げ、多種多彩な種族が共存している“千の惑星の都市”の繁栄を目にする。だがその裏にはある秘密が存在し……。
(シネマトゥデイ引用)










☆☆☆☆☆☆☆(70/100)
『レオン』や『フィフスエレメント』、『LUCY』など、ヨーロッパ娯楽映画の代表格、リュック・ベッソン監督の最新作は超個性派スペースオペラ!
早くから予告編等で話題になっていて、楽しみにしていた作品です。
主演の二人は、現代のディカプリオこと『クロニクル』のデイン・デハーンと、英国の人気ファッションモデルのカーラ・デルヴィーニュ。
ポスター&予告の段階から、この二人のルックから溢れるセンスに期待値はガン上がりでした。



この映画の何が最高って、冒頭から約20分この二人の登場までの一連のシーケンスがすべて神がかってるんです
詳しくは見てくれ!としか言わないですが、あんなにもフレッシュで気の利いた導入はあるでしょうか?
最高な音楽に乗せて、人類が愛と希望で世界を広げて行く...なんて素敵なメッセージの元、現代から近未来へ私たちを招待してくれます。
そしてそのまま、今作の発端となる惑星へ。
なんだこの星は!?という驚きに見せられ、今度は異空間に放り込まれます。
ユートピアからダークサイドに落とされた所で、ポップでキュートなチャラい若者二人、ヴァレリアンとローレリーヌが画面にどーん!
なんだこの落差は、楽しすぎる。
とんでもない傑作に出会ったぞと?という予感に包まれ、この世界に最高にライドさせてくれるのです。

そんな冒頭のこの映画ですが、やはり欠かせないのはビジュアル面の作り込み。
もう一つのスターウォーズ?ファイナル・ファンタジーの世界観?
幻の映画ポドルスキーのDUNEを彷彿とさせるエッジの効いた造形や描写が終始魅力的!
キュートな若者のヴァレリアンとローレリーヌ含めたキャラクターデザイン、宇宙人、モンスター、街並み、ガジェットまで含め、あらゆる意味でのデザイン。
デザインこそがこの手のSF映画の全てだと思っていて、これが研ぎ澄まされてる時点で、流石フィフスエレメントのリュック・ベッソン、わかってるなと、大満足なわけです。

だけども、まあそれがある意味で良さなのかもしれませんが、「良い所もある!悪い所もある!」ってのが、やはりリュック・ベッソンでヨーロッパコープの映画を見てるんだなとも感じました。
寄り道の連続に見える話運びに、正直退屈に感じる所も多くありました...

しかし!
基本的には肯定いたい気持ちでいっぱいです!
ハイセンスなスペースオペラを是非劇場で。





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/04/19(木) 19:27:09|
  2. 2018年公開映画
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.blog.fc2.com/tb.php/168-e5ea5f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ショートレビュー「ヴァレリアン 千の惑星の救世主・・・・・評価額1550円」

”千の惑星”を巡る、アトラクションSF。 世界的な大コケの話題が先行してしまったが、全然悪くない。 というか個人的には、無味乾燥の作品が並ぶ、ゼロ年代以降のリュック・ベッソン監督作品では間違いなく一番好きだ。 原作はピエール・クリスタンとジャン=クロード・メジエールにより、1967年に誕生した歴史あるバンデシネ「Valérian and Laureline」で、メジエールは「フィフ...
  1. 2018/04/23(月) 22:05:33 |
  2. ノラネコの呑んで観るシネマ

劇場鑑賞「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」

詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201804050000/ ☆ CD/オリジナル・サウンドトラック ヴァレリアン 千の惑星の救世主 (解説付) (輸入盤国内仕様)/アレクサンドル・デスプラ/RBCP-5521
  1. 2018/04/24(火) 06:15:43 |
  2. 日々“是”精進! ver.F

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 見たことのない映像/どこかで見た映像

 『レオン』『グレート・ブルー』などのリュック・ベッソンの最新作。  原作はピエール・クリスタンとジャン=クロード・メジエールによるバンド・デシネ『ヴァレリアンとローレリーヌ』。  冒頭、デビッド・ボウイの「Space Oddity」に合わせ、1975年のアポロ号のカプセルとソ連のソユーズとのドッキングする実際の映像が登場する。それから時代は流れに流れ、様々な種類のエイリアン...
  1. 2018/04/24(火) 19:32:32 |
  2. 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

西暦2740年、銀河を守る連邦捜査官の男性ヴァレリアンと相棒の女性ローレリーヌは、あらゆる種族が共存する“アルファ宇宙ステーション”別名“千の惑星の都市”へ派遣される。 莫大なエネルギー源を生み出す生物“ミュール変換器”の最後の一匹を捕獲するミッションに成功するが、その後、宇宙連邦司令官フィリットが、謎の集団に拉致されてしまう…。 SFアドベンチャー。 ≪宇宙で、ブッ飛べ。≫
  1. 2018/04/28(土) 23:09:17 |
  2. 象のロケット

FC2Ad