シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

75『響-HIBIKI-』性格女優、平手友梨奈!!

作品を凌駕する怪演!

『響-HIBIKI-』




~あらすじー
突如として文学界に現れた、鮎喰響(平手友梨奈)という15歳の少女。彼女から作品を送られた出版社の文芸編集部の編集者・花井ふみ(北川景子)は、彼女の名を知らしめようと奔走する。やがて響の作品や言動が、有名作家を父に持ち自身も小説家を目指す高校生の祖父江凛夏(アヤカ・ウィルソン)、栄光にすがる作家、スクープ獲得に固執する記者に、自身を見つめ直すきっかけを与えていくようになる。(シネマトゥデイ引用)








⭐️⭐️⭐️⭐️⭐︎⭐️⭐️★(75/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
ビッグコミックスペリオールにて、2014年から掲載されている「響~小説家になる方法~」。
マンガ大賞2017で大賞に輝いた、柳本光晴の大人気コミックの実写映画化になります!

監督を務めるのは『君の膵臓をたべたい』や『センセイ君主』の月川翔。
小説や漫画などがベースとなる原作物を、絶妙なバランス感覚で実写映像化する名手なんではないでしょうか。
天才小説家である鮎喰響役を演じるのは、ミステリアスな雰囲気が魅力で欅坂46の人気アイドル 平手友梨奈。
アヤカ・ウィルソンや、北川景子、小栗旬などが脇を固めます。





正直、普段なら見逃すタイプの映画ですが...
何かに導かれて鑑賞。
大変美味しく頂きました!



本作の面白さと切っても切り離せないのが、15歳天才小説家である鮎喰響のキャラクターなのは間違いありません。

生粋の天才小説家鮎喰響。
幾多の名作家がそうであったように、彼女のキャラクターも一筋縄ではいきません。

忖度だとか馴れ合いは彼女の思考に存在せず、無益な物に対しては何の躊躇もなく正論をぶつける。
小説家としても、一人一人の感想には興味があるけれども、名誉としての賞には全くの無関心。
確固たる自分自身の軸があり、そしてそこに圧倒的な才能が備わってる。

彼女の性格を象徴するエピソードが、才能が枯れて尚も威張る嫌な小説家に対して、真正面からぶつける忖度皆無な言葉。
それが本質を付いていて、尚且つ圧倒的な実力を目にした相手はグゥの音も出ない...
そんな世の不条理に制裁を入れる、「水戸黄門」的な展開が一つ面白いんです!


いってしまえば、無双キャラ。
ですが、その意味合いは原作と本作で微かに異なります。
人の間違ったら面を理解できない彼女の性格は、今作ではある意味で欠陥としても見えるように描かれます。
一方的な正義として描かないこの彼女の印象の改変は、映画化にあたって間違いなく大成功ではないでしょうか。

その中でも、印象的なのは有名作家を父に持ち自身も小説家を目指す同級生の祖父江凛夏に対しての接し方です。
響の才能を目にして自信を無くす凛夏は、嫉妬から響に対して友達という感覚が見えなくなります。
対して響は、友達である事と小説を書く事は其々が独立しており、凛夏が求める「励まし」「嘘」は響には出来ません。
そんな二人の関係性は、この映画の大切な魅力になっています。


そんなこの映画の最大の功績は、響を演じる平手友梨奈の存在ではないでしょうか。
彼女以外でこの映画のバランスは成し得ませんでした。
芯の強さと危うさを両立させた響というキャラクターは、平手友梨奈のミステリアスな空気と完璧に同調。
新たな性格女優のスター誕生でしょうか!?


勿論、彼女を取り巻く役者、特に小説家を演じる役者陣は誰も彼も素晴らしかったです。


ですが非常に残念なのが一点。
序盤と終盤の2つのあるシーンにおいて、響のキャラクターを強調するはずが、「無茶をしてただ運が良い」キャラクターになっているのが...







ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ



  1. 2018/09/29(土) 19:55:52|
  2. 2018年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.blog.fc2.com/tb.php/188-2c327533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad